×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ >

過払い金情報屋へようこそ!

 過払い金情報屋をご閲覧下さいまして、ありがとうございます。
 当サイトでは、過払い金について記載しております。
 ご閲覧者様に利益のある情報を提供出来ればと思います。

過払い金とは?

 過払い金とは消費者金融などの貸金業者に返し過ぎたお金のことをいいます。もう少し詳しく説明しますと、債務者が消費者金融等の貸金業者から利息制限法の利率を越える利息で借入れをしている場合に、利息制限法に引直計算をした結果算出される、本来であれば支払う義務のないお金のことをいいます。
→ 引き直し計算

過払い金の発生する基準は?

 過払い金が発生しているかは貸金業者から取引履歴を取り寄せ、利息制限法に基づく法定金利で引き直し計算をする必要があります。
 過払い金が発生するかどうかは、計算してみないと一概に何年以上取引があれば必ず過払い金が発生するとはいえません。しかし、一般的には5年以上の取引があれば過払い金が発生している可能性があり、7年以上の取引であれば過払い金が発生している可能性が相当高いでしょう。
→ 引き直し計算

過払い金の時効

 過払い金の時効は、最終取引日から起算した10年以内であれば時効は完成しません。途中完済した後、再度の借入をしていても一連の取引と見なされる場合が多く、完済時点までの過払い金は2度目の借入時の借入元金に充当され、連続した計算を行います。このような場合、過払い金が消滅するのは最終取引日から10年になります。
→ 引き直し計算

破産申し立ての場合

 破産申してをするときは、引き直し後の金額を申立書に書くのが当たり前のようになっており、札幌地裁でも引き直し前、引き直し後両方の金額を書くようになっています。近年は引き直し計算を行っていない場合、引き直し後の債務残高で提出してください。と指摘されるようなので、事前に引き直し計算をしておくべきでしょう。
→ 引き直し計算

破産後の過払い金について

 判例では破産手続上の問題と、後日提起された過払金返還請求訴訟において、取引業者側が過払金の返還を拒む理由にはならない、とした判例もいくつか出ています。免責決定後に完済した取引業者から過払い金を取り戻すことも出来る場合が多いようです。
→ 引き直し計算